仮性包茎からズルムケペニスに手術するメリットは?早漏ペニスも改善だ!

大浴場

ちんこの皮が剥けていないと大人のペニスではないと思い悩んでいる方は意外に多いのです。

 

日本では成人男性は、ペニスの包皮が剥けているのが通常です。

 

そのため、仮性包茎の男性は自身のペニスにコンプレックスを持ってしまい、他人の前で裸になるのが恥ずかしいのです。

 

ですから、大浴場ではコソコソとしてしまいがちで、学生さんなら修学旅行のお風呂が嫌になります。

 

サラリーマンも社員旅行やゴルフコンペで同僚とお風呂に入る機会はありますね。

 

そんな時に、タオルでペニスを隠していては他人から変な目で見られる可能性があります。

 

「大人になっても、チンコを隠すやつは仕事ができない」と上司に思われたら、社内で出世することも困難になる可能性も否定できません。

 

また、ペニスにコンプレックスを持っていると、女性に対しても自信が持てません。

 

いつまでも彼女ができないだけでなく、結婚もできないことにつながります。

 

さらに仮性包茎だと、ペニスを清潔に保つことができないので、病気の原因にもなります。

 

たかが、チンコと軽く考えていると人生において後悔をしてしまいますよ。

 

というわけで、仮性包茎からズルムケペニスにする手術することについて解説します。

 

仮性包茎は手術をするべきか?

仮性包茎は日本人の7割を占めていると言われています。

 

手で亀頭に被っている包皮を剥きだすことができれば無理に手術をすることはありません。

 

亀頭が完全に皮を被っている真性包茎や、無理やり包皮を剥いて亀頭を締め付けて圧迫させるカントン包茎は手術の必要があります。

 

ただ、仮性包茎は見た目が悪く、大浴場、温泉、スポーツジムの更衣室、サウナ等でペニスを見られることもあり、皮被りのペニスの持ち主と判断されるだけで同僚や友人に優越感を与えてしまうことがあります。

 

これらのデメリットを全て解消できるのが、包茎手術のメリットです。

 

手術を受けて余分な包皮を切除すれば、一般的な成人男性と同じになります。

 

仮性包茎手術のメリット

具体的なメリットとしては、ペニスに対するコンプレックスが解消できることです。

 

これまで大浴場で恥ずかしがっていた男性も、仮性包茎でなくなれば堂々と裸になれるでしょう。

 

学生さんなら修学旅行の大浴場が嫌になることはありませんし、体育の授業や部活で着替えるときも、恥ずかしがる必要はありません。

 

社会人の方なら取引先の担当者とも、ゴルフ場の風呂に堂々とフルチンで入れるようになります。

 

また、女性に対しても自信を持てるようになるので、積極的に行動できるようになり、恋愛にも発展する確率が高くなります。

 

さらに女性に対する自信は、包皮が常に剥けているからだけではありません。

 

早漏防止にも役立つ仮性包茎手術

包茎手術をして亀頭が常に露出した状態になると、亀頭が強化され早漏の防止に繋がります。

 

また、陰茎が縮みにくくなるので、ペニス全体も長く見えるようになります。

 

つまり、男性機能を高めサイズアップにもなるので、より自信が持てるようになるわけです。

 

ですから、包茎手術を受けて仮性包茎を解消した男性は、これまでより積極的に女性に声をかけられるでしょう。

 

もちろん病気の予防も、包茎手術を受けるメリットの一つです。

 

包皮が常に被っている状態だと汚れが溜まってしまい、細菌が繁殖する原因になります。

 

その結果、性病などの原因になってしまい、また嫌な臭いの原因にもなるのです。

 

しかし、包茎手術を受けて包皮を切除すると、亀頭は常に露出した状態になります。

 

汚れが溜まることもなくなり細菌の繁殖を抑えることができるので、性病などの病気を予防することができるでしょう。

 

また、清潔な状態を保てるようになるので、恥垢の嫌な臭いも減らすことができます。

 

包茎手術にはこのようなメリットがあるので、仮性包茎に悩む男性は手術を検討して見るのが良いでしょう。

 

ただし、包茎手術にはメリットともにデメリットもあるので、しっかりと検討してクリニックも慎重に選ぶようにしてください。