ED治療薬のデメリットとメリット

処方箋

精力の衰えの対策として精力サプリを使うか、ED治療薬を使うべきか悩むことでしょう。

 

副作用のない方法や即効性のある勃起など自分が求める方法によって選ぶものが異なってくることでしょう。

 

では、ED治療薬には精力サプリと比べてどんなメリットがあるのか、デメリットがあるのか事前に知っておくことが安心した勃起改善策につながります。

 

今回は、ED治療薬のメリットやデメリットについてお伝えします。

 

ED治療薬のメリット

ED治療薬は三種類あります。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスの三種類です。

 

その中でも一番最初に国内で正式に認められたのがバイアグラです。

 

主成分はシルデナフィルという物質になり効果の強さは、その成分量と比例します。

 

国内で認証されているのは25mgと50mgの二種類のみになり、海外製品には100mgと言う物もあります。

 

ED治療薬は保険適用外の薬となり、普通の病院では無くても、自由診療で処方できる薬となっています。

 

効果は完全な勃起不全の人や、完全に勃起しない人などが利用して、一時的な改善として使われています。

 

飲み方は、食事に影響されるので、空腹時の服用が理想とされいますが、飲食後であっても2時間程度開けていれば、効果は最大限に引き出す事が出来るのです。

 

お酒と一緒に飲むのはとても危険ですので、それだけはしないよう注意が必要です。

 

効き目は、即効性があり飲んでから早い人で15分長くても45分以内には効き始めて来ます。

 

効き始めてからの継続時間は、4時間から5時間程度、効果の実感をする事が出来ます。

 

ですから、最大のメリットは即効性があるということですね。

 

ED治療薬のデメリット

ED治療薬を飲んでその時に一緒に来てしまうのが副作用で、服用したほとんどん人が受ける事になります。

 

どんな感じを受けるかと言いますと、頭痛やめまい、視力の低下や、鼻水鼻づまり、ほてりなどがあります。

 

症状の出る物と出ない物がひとそれぞれ違いますが、頭痛とほてりは、ほとんどの人が実感する事になります。

 

時間が経てば静まって来ますので、ほっといても平気です。

 

あまりにも症状が酷い時には、大量の水などを飲めば、少しは緩和されてきます。

 

お酒と一緒に飲むのはとても危険ですので、それだけはしないよう注意が必要です。

 

バイアグラの効果

バイアグラは効果が強いという事も人気に一つになっています。

 

体の中に成分が回った状態で、性的興奮を受けると下半身が強制的に起たされている感じを受け、いつもの自分の大きさよりも大きく感じる事がほとんどです。

 

ガチガチになった状態で性行為をする事になるので、自分にとっても、相手にとっても悪い感覚は全く無いのです。

 

また継続時間中であれば、性的興奮を受ければ何回でも同じ状態になれることが出来ますので、回数もいつもより多く出来るようになります。

 

ED治療薬のメリットは自分に対しても相手に対しても満足の行く性行為が行えることで、デメリットは副作用の辛い状態をどのように乗り越えるかになります。

 

根本的な精力回復と勃起力回復を目指す方法

通販の精力サプリに比べたら数十倍の効果がありますが、根本的な精力回復効果はありません。

 

言いかえれば、性行為のために薬で無理やり勃起させているわけで心因性の勃起不全には有効なのです。

 

ですが、男性ホルモンの分泌力低下で勃起不全になったのなら、ある程度時間をかけて体質改善をして精力アップをすることが根本的な解決方法になります。

 

期間的には3ヶ月から半年を目安に勃起不全をサプリメントで改善してみてもいいでしょう。

 

40代男

⇒勃起力アップする精力サプリメントはこちら!

 

40代男

⇒ペニスが硬くなるペニス増大サプリランキングはこちら!